<ホテル・サービスアパートメント in バンコク>

 

INDEX

フーフー岡村の
タイセミリタイヤ生活
マニュアル
HOME

タイ株・2年で2倍!
・俺のやり方
・基本知識

株・FX・先物で生活する

タイで働く

タイ語を話そう!

暮らしのミニ情報
・空港から市内へ
・バンコク市内交通
・アパートの探し方
・ホテルの選び方
・ビザの取り方
・観光ビザの延長
・ビザラン出国ルート
・カジノバス
・歯医者に行く時は
・病院無料バス時刻表
・搭乗拒否されたら
・無料の海外旅行保険
・レートのいい両替屋
・服の修理・すそ直し
・時計修理と合鍵作り
・靴の修理
・フィットネスクラブ&プール
・パンティッププラザでパソコン修理
・その他・・・

タイで内職&副業

バンコクの遊び方

どうでもいいネタ

LINK

フーフー岡村の
タイ語講座(新)

バンコク駐在員日記

タイ沈没マニュアル

バンコク駐在員になるまで

タイ料理あれこれ

セミリタイヤ日記

俺の独断と偏見でエリアのお気に入りをリストアップした。

但、元々バックパッカーなので一般人とは感覚が違うけどね。

また、特定の相手がいるのか、毎日コロコロと変えるのかで、

ベストなホテルの選択は異なる。そこは各自の判断だ。

タニヤ・パッポン エリア

⇒ シーロム または スリウォン

ナナプラザ〜テーメー周辺
⇒ スクムビット ソイナナ〜ソイ19
チープでディープな世界
⇒ チャイナタウン
エマージングな盛り場
⇒ ラチャダーピセーク

<タニヤ・パッポン エリア>

<モンティエン>

特定の相手が居るならココがベスト。立派な造りの高級ホテルだが、事前予約しておけば意外に高くない。
特に、航空券とセットで申し込むと安くなるケースが多いようだ

但、予約時に同伴者の名前も言っておかないとJFを取られる(モンティエンのJFは1000バーツ以上)

よって、相手をコロコロ変える人には向いていない。


<ババナ>

こじんまりとして小綺麗で俺は好きだが、最近では古さを感じるという人も居る。
部屋によるんだろうけどね。浴室の水はけが悪いが、タイだから仕方ない

大きなホテルは見た目はいいが、歩く距離が長くて疲れる。俺はババナのような小さなホテルが好きだ。

ココはJFも取らないし、事前予約すれば安い。飛込みだと2倍の料金を提示する事が多い。
女連れだと高くても断りにくい事を分かっているからだろう

タニヤもパッポンも至近距離だし、俺の行動パターンではババナがベスト。


<サラデーン・プレース>

入口が暗い感じだが、サービスアパートだからあまり気にしてないのだろう。

造りはまずまずで、部屋もかなり広い。JFに関しては、事前選択制(チェックインの際に選ぶ)。

ババナが狭くて嫌だという人はこちらの方がいいだろう。BTSサラデーン駅は至近距離。タニヤも近くて便利。


<その他>

それぞれ一長一短だ。

俺は遊び場とメシ屋までの距離を重視するので、合格点をつけられるホテルは他にはない。

金に糸目をつけないならパンパシフィックでもいいけど、俺ならモンティエンを選ぶ。


<ナナ〜テーメー:スクムビット周辺>

<グランドビジネスイン>・・・スクムヴィットソイ11に入って徒歩1分。右手。

造りは安っぽいが、新しいのでキレイだ。ネット可、JFなし、この立地でこの値段なら利用価値はある。

BTSナーナー駅至近。1500バーツ〜。裏口はソイ11/1で、昔からある「ビジネスイン」の向かい。

テーメーにもナナプラザにも近く、行動派向き。

フロントの女が「日本人の99%は毎夜、女を連れ込む」と笑っていた。


<マンハッタン>・・・スクンビット・ソイ15を入って徒歩1分、左手。

古い、JF500バーツ取られる、オマケに幽霊もよく出る。が、ネット可で、テーメーに近いという点がGOOD。

テメに近いだけならルアムチットプラザでいいのだが(テーメの真上だからね)。1500バーツ〜。

テメには行かない人や、毎夜JF払うのが嫌な人には不向き。ネット利用可となってから予約が困難になった。


<コージーアットテン> (COZY AT TEN)・・・スクンビットソイ10に入って徒歩1分、左手。

スクムビット通りを挟んでテメの向かいにある、スクンビットソイ10に入ってすぐ。小奇麗でネットも可。

代理店には出してないようで、飛び込みで可。ネット予約も可 cozyatten@hotmail.com (←2007年6月現在)

1200,1400,1600バーツの3種類、JF不要。(たまにファランの大群が来て、満室になる事がある)

ホテルとソイ10を挟んだ向かい側に、風俗王チューウィット議員の庭園がある(面白くないけど心は和む?)

このソイの奥にはセンターポイントがあるが、暗い夜道に歩5分は遠いので却下。


<その他>

上記ホテルが取れなければ、以下のホテルでもやむを得ないね〜。

ナナホテル ソイ4 ナナプラザ向かい。JF不要。ホテル敷地内とナナプラザ専門の人向け。取りにくい。
フォーチュナ ソイ5 JFなし、安い。しかし古い、セコイ。飛び込みの方が安いという、珍しいホテル
ロイヤルベンジャ ソイ5 飛込みだと宿泊料2倍。JF500B。ネット有料。概ねきれいだが、喫煙ルームは避けよう
PBホテル ソイ3 基本は連れ込みだが単身で宿泊も可。だが・・・場所的に凹む。もちろんJFなし。
DeLUXURY ソイ19 知られていないので飛び込みで取れる。JFなし(*)
ルアムチットプラザ ソイ15 テーメーが入っているビルの上階。1200バーツ〜、JFなし、と意外に安いけど・・・
S15   NEW !! ソイ15 ソイ15の入口(スクンビット沿い)に07年完成。きれいだが高い!JFなし。ネット可。

(*)DeLUXURY とは、2006年8月頃までパブ&ディスコだったのを改造してできたホテル。

(朝6時までこっそり営業していたので、摘発されたんだろうね。白人目当てのナンパ待ち女で繁盛していた)

あまり知られていないので、いつ行っても泊まれる。スクムビットソイ19のファミリーマートを左に入ったところ。

ジョイナーフィーなし、朝食付きで1000バーツ(部屋は狭いけどね)。入口はザ・キーの入口と向かい合わせ。

但、2人連れ込むと1人分のJFを取られるので、3P,4P好きの変態ハゲオヤジは注意すること!


<更にその他>

2005年完成のソイ24の ホープランド は新しくてきれいなので日本人に人気だが、料金のわりにショボイ。

一番安い部屋は避ける方がいい(センターポイントの方がベター)。ネット可、JFなし。漫画喫茶古都の近く。

下から2番目のクラスの部屋なら、OKだ (ただし、部屋のレイアウトがイマイチで、センス良くない)

ソイ33の ピープイン は周辺のカラオケ屋からカップルでやってくる基本連れ込み宿だ。

一見暗い感じがするが、かなり人気で予約が取れない事も多い。

フロント前で張ってれば、日本の芸能人を目撃する事もしばしば。カラオケ不死鳥の向かい。


他のエリアは、普通の観光客にはオススメできないので本ページの最後に付け足すとして、

バンコクでホテルに泊まる場合の注意点を先に挙げておく。


<ポイント>

2004〜5年頃から世界的に景気が上向き始め、人気のホテルは予約が入りにくくなり、宿泊料も上昇し始めた。

また、台北、フォーチュナ、ナナホテルのような1000バーツ以下の「中の下」クラス以下はともかく、

1000バーツを超えるようなホテルは旅行代理店を通すのがポイントだ。

直接ホテルに飛び込むと、数十%増しならマシな方で、2倍以上取られる事がある。


バンコク到着が夜遅く、且つ、ホテル予約してない時は空港で予約するのも一つの手だが、

けっこう割高だったり、よくないホテルをススメられるケースが多いので、

上記の飛び込み可能ホテルの中から選んで、とりあえず1泊だけしてみればいい。
旅行代理店のコミッションは約200〜250バーツ/泊だが、空港の代理店のマージンは高い。

泊まるホテル次第で旅の印象、楽しさが180度変わる事もあるので予約は早目に済ませよう。

また、各ホテルの宿泊料、JFなどの諸条件については予告なく変更される。

 

<チャイナタウン>

<バンコクセンター>・・・交通の便は良い

チャイナタウンの遊び場へは遠いが、一般的日本人感覚で消去法で選ぶとココ。

国鉄フアラムポーン駅向かい。悪くないけど、敢えておススメもしない。

<スリクロン> (スィークルン)(京華大旅社)

沈没組の緊急避難宿。または沈没組の中での上流階級の常宿。地球の歩き方にも載っている。

最近ファランの宿泊客が激増しているので、かなり国際的になったのかな〜?

スーパー銭湯クレオパトラ(旧ハーレム)徒歩10秒。国鉄ホワランポーン駅にも近い。

飛び込みでOK,600バーツ〜。個人的にはバンコクセンターより好き。

<台北旅社>・・・チープなスリルを味わいたい人、とにかく数こなす人向け。

ジュライホテル、楽宮旅社・・・伝説の2大沈没宿なき後も7月22日ロータリー周辺に残る、

最後の沈没組向けの安宿。エレベーターは一見の価値あり。予約不要。250バーツ〜。

ごくまれにマレーシアから団体客の予約が入り、その時にはロビーがパニックになって笑える。

日本からの友人たちを連れて行くと、皆、「従業員の目がコワイよ・・・」とおびえる。

2007年 左側のエレベータが近代的になり、客室も微妙にグレードアップ。ホテル名刺も新デザインに一新。

それでも沈没組はカンボジアやタイの地方都市に散って行ったので、いつも空いている。


<ラチャダーピセーク>

場所柄、中国人観光客が多い。避ける方が無難。

アパートの探し方 <
暮らしの情報 に戻る
> ビザの取り方