<搭乗拒否されたら>(日本からタイへ飛ぶとき)

 

INDEX

フーフー岡村の
タイセミリタイヤ生活
マニュアル
HOME

タイ株・2年で2倍!
・俺のやり方
・基本知識

株・FX・先物で生活する

タイで働く

タイ語を話そう!

暮らしのミニ情報
・空港から市内へ
・バンコク市内交通
・アパートの探し方
・ホテルの選び方
・ビザの取り方
・観光ビザの延長
・ビザラン出国ルート
・カジノバス
・歯医者に行く時は
・病院無料バス時刻表
・搭乗拒否されたら
・無料の海外旅行保険
・レートのいい両替屋
・服の修理・すそ直し
・時計修理と合鍵作り
・靴の修理
・フィットネスクラブ&プール
・パンティッププラザでパソコン修理
・その他・・・

タイで内職&副業

バンコクの遊び方

どうでもいいネタ

LINK

フーフー岡村の
タイ語講座(新)

バンコク駐在員日記

タイ沈没マニュアル

バンコク駐在員になるまで

タイ料理あれこれ

セミリタイヤ日記

2007年5月 バンコク・スワンナプーム空港のイミグレーション

で、以下の通り書かれた紙が各ブースに貼られた。

<下記の物を用意してください>

1.パスポート
2.入国カード
3.搭乗券(乗って来た航空券の半券の事だろう)
4.(忘れた)
5.帰りの航空券

セミリタイヤ (或いは沈没) 組は今後、注意を要する。

「5.帰りの航空券の提示」 を表向き要求されているからだ。

俺が入国審査の列に並んでいる正にその時、職員が張り紙を貼っているところで、審査官は

入国しようとする旅行者に対し、即時、記載内容の履行(各種書類の提示)を求めていた。


胸にステッカーを貼った団体旅行の中国人たちは、搭乗券(の半券)の意味が分からずにモメ、

漸く意味が分かった時点で「もう捨てたよ!!とにかく入国させろ!」 などと悪態をついていた。

奴らは、最終的には入国できたものの、半券の件でけっこうスッタモンダしていた。
しかもテメーらの順番が来てから入国カードを書き始めるので大迷惑だ!!マジで死んでほしい!


俺は、格安航空券とは言え、日本発券の往復のE−チケットだったので問題はなく、

提示を求められたらその時に、番号を書いたメモを見せるつもりでいた。

結局は提示しろ、と言われなかったし、今後もたぶん問題なく入国できるだろう。

しかし、バンコク発券の場合、日本の空港での嫌がらせが予想される。

片道航空券で搭乗しようとする乗客については、目的地のビザを持っていない場合、搭乗を拒否できる

世界中、どこの空港でも、この規定があるからだ。


2005年だったか、片道航空券でフランスからアメリカへ行く怪しい人物の搭乗を拒否し、

よくよく調べてみたらその男はアルカイダのメンバーだった、という事件があった。

これはその規定の副産物だったワケだが、実際に搭乗拒否される事はあるわけだ。
この話も表向きはそういう事だが、胡散臭い話だね。真相は、まず逮捕ありき、って気がする。

さて、大昔からジュライ組の人たちにも、こういうケースはよくあった。


例えば、バンコク発券の、バンコク-沖縄往復のディスカウントチケットで日本に一時帰国し

用事を済ませてバンコクに帰ろうとしたら、沖縄の空港で上記の理由で搭乗拒否される

(つまり、復路券=バンコク行 は、片道という事だ。タイを出国するチケットがないワケだから)


この嫌がらせは、昔から、利用者数が少ない地方の空港ではよくある事だった。

日本で航空券を買うと、バンコクの2倍以上の値段という時代もあったからね。


タイのイミグレで 帰りの航空券を提示せよ と公式に表示されたからには

今後、上記のような日本のチェックインカウンターでの嫌がらせが頻発する恐れもある。


昔から上記規定を口実に、日本の旅行代理店でも片道航空券を売ってくれなかったり、

搭乗拒否される可能性を強調して、片道航空券をあきらめさせようとする事も多かった。
近年の日本発片道航空券は、往復航空券より運賃高いというおかしな設定で、異常とも言える嫌がらせだ。


さて、もし、成田空港に着いてから搭乗拒否された場合、パニックに陥る人もいるだろう。

だが、その際の対応方法を知っていれば、慌てることはない。


タイの規定では、日本人はビザなしで原則30日間滞在できる(韓国籍なら90日間。在日の人は得だね)ので

空港にあるJALやANAなどの窓口に行き、

1週間後くらいの便の バンコク⇒ビエンチャン などの正規航空券を買えばよいのだ。

航空券は片道でOK。もちろん、シェムリアップやペナンやシンガポールでもいい。

「30日以内に他国へ出国する航空券を持っていれば、タイ入国できる」からだ。


正規運賃なのでかなり値段は高いが、タイに着いたらすぐに航空会社の支店へ行き、

REFUND(払い戻し、つまり返品・キャンセル)してしまえばいいので問題ない。正規運賃航空券なので返品できるのだ


<2010年1月追記>

実際、2009年には俺の知人が成田空港で搭乗拒否された。その時は、
空港スタッフが親切にもビエンチャン行き航空券を買える所まで連れてってくれたらしい。


兎に角、

こういう時のためにも、クレジットカードは必要だ(正規運賃をキャッシュで払うのはキツイね)。


タイの銀行口座に生活費をプール済みだと、うっかり所持金なしでタイ〜日本を往復しがちになる。

もし「所持金3万円、クレジットカード持っていない」人が搭乗拒否されると、どうにもならない。

たった3万円ではビエンチャン行き正規航空券は買えないからだ。


なので、年会費無料で、90日間の海外旅行保険を旅行の都度無料で付帯させる事ができる

リタイヤ組&節約名人の沈没組の必携アイテム「楽天カード」を持っておこう!
ツアー代金や航空券、それが無理なら「空港までの交通費」を楽天カードで払うことで、海外旅行保険が付帯するというお得なクレジットカードだ。勿論、他にも特典満載だよ!

(旅行前の申告も不要。現地の病院で領収書&診断書をもらい、帰国後に保険金請求するだけでOK)


年会費無料で海外旅行保険が付くクレジットカードは今やほぼ絶滅種と化した。

今のうちに楽天カードを作っておこう!今後、新生ビザからの乗り換え組が殺到する恐れアリだから


海外旅行傷害保険付きクレカの詳細は「無料の海外旅行保険」のページを参考にしてね!

エアアジアなどの格安航空会社のチケットを予約・購入するにもクレジットカードが必要だよ!
*カード及び保険の条件は予告なく変更される場合があります。

病院無料送迎バス時刻表 <
暮らしの情報 に戻る
> 無料の海外旅行保険